結婚指輪の平均価格

プロポーズの時に渡す婚約指輪は、比較的リーズナブルなものでも20万円前後してしまいます。

結婚指輪の場合はこれよりも価格は安くなりますが、それでも夫婦ふたり分を揃えなければいけないので2倍かかる事になります。

婚約指輪は女性の憧れもありますし、ある意味人生においても一大イベントとなりますから、夢や希望も価格に含まれています。

結婚指輪になると夫婦になる事は決まっているので、やや現実的になる傾向があります。

結婚指輪は交換するので、男女がそれぞれ贈り合う形です。

男性側が用意したり、女性側が用意したりするケースもありますが、夫と妻の分で2本揃えます。

結婚指輪の平均価格としては、10万円から20万円未満が男女ともに一番多いです。

ついで10万円以下、20万円から30万円未満となっていますが、極少数ですが100万円以上かける人もいるようです。

★こちらもCheck!=>婚約指輪購入など、もはや非主流派?「給料3カ月分」神話の崩壊、驚きの平均購入金額! | ビジネスジャーナル

結婚指輪はふたり分必要ですから計200万円以上は現実的ではありませんね。

平均を見る限りでは10万円前後と思っておけばいいと思います。

結婚指輪は指にはめて生活するので、選ぶ基準は生活に邪魔にならないシンプルなデザインが一番多く、次に価格となります。

素材に関しては好みもありますが、プラチナかゴールドが最も多く選ばれています。

人気のブランドでも探せば、10万円以下の物が多いので、ふたり分用意しても20万円以内に収める事は可能です。

後はデザインやブランド、品質やつけ心地など実際に身につけて生活する事も想定して選ぶのがベストです。