結婚指輪の準備期間

一般的には挙式の時に結婚指輪を交換しますから、ギリギリでも結婚式の前日までに手元に結婚指輪があれば大丈夫です。

しかし結婚式前は何かと準備に追われ余裕がなくなります。

ゆっくり時間をかけて選ばないと、長い間使っているうちに使いにくいと感じたり、デザインに妥協してしまうと愛着が持てなくなってしまったりする事もあります。

後からこうしておけばよかったと後悔しないように、結婚指輪は余裕を持って準備していきましょう。

一般的には結婚指輪を選ぶのは結婚式の7か月前~4か月前となっています。

ある程度ブランドやデザインのイメージがはっきりしているなら、目的のお店に行き注文するだけだからそれほど時間はかかりません。

しかし多くの場合ははっきりとイメージが浮かばないため、実際にお店で見てから決める事になります。

最初のお店でお気に入りが見つかるとは限りませんし、結婚式まであまり時間が残っていないと焦ってしまいます。

結婚式まで残すところ後3ヶ月というあたりが一番忙しくなってくるので、余裕を持ってこの時期までに結婚指輪を用意できると安心です。

結婚式のスタイルによっても変わりますが、ブライダルプランナーに依頼する場合はお勧めのジュエリーショップを紹介してもらう事もできます。

あちこちアテもなく探すよりも、信頼できるお店を紹介してもらえる可能性が高いからオススメです。

婚約指輪は結婚指輪よりも1ヶ月から3ヶ月早めに決めておきましょう。