結婚指輪は一緒に買いに行ったほうがいい?

「結婚指輪は一緒に買いに行きたい」と彼女が言っているなら、男性としてはそれに従ったほうが賢明です。

その理由についてお話ししましょう。

■結婚指輪は一生のものだからこそ一緒に。

結論から言ってしまえば、結婚指輪について彼女がサプライズを望まないのであれば、一緒に買いに行ったほうが賢明です。

その理由は、彼女が望んでいるピンポイントのブランドやデザインを自分で選ぶことができるからです。

贈る相手は彼女自身なので、そうしておけば間違いがありません。

男性としてはそのほうが肩の荷が下りるということも言えます。

■内緒にすれば失敗する確率も高くなる。

結婚指輪選びで失敗をしてしまう最大のポイントは、「内緒にすること」にあります。

結婚指輪の好みやサイズを、事前に聞き出しておけばお問題ないのですが、男性がサプライズにしようと思えば思うほど、“情報収集力”は落ちます。

その結果、彼女の好みではない見当違いの結婚指輪を買ってしまいます。

それに、サプライズは婚約指輪で行なうのが通例です。

ここでは我慢しましょう。

■間違いや後悔をなくすという意味で、結婚指輪選びはオープンにしましょう、そのほうが後々、彼女からも感謝されます。

婚約指輪も結婚指輪も、突き詰めて考えてみれば“女性への贈り物・結婚相手への贈り物”です。

彼女がサプライズを望まないのであれば、無理をして失敗の確率の大きいほうを選択する必要はありません。

我慢しましょう。